会長挨拶

hataRI・地区テーマ「人類に奉仕するロータリー」

クラブテーマ「親和と友情」

会長 秦 郁子

 歴史と伝統のある創立51年目の年度に当クラブの会長を務めさせて頂く事になり、身の引き締まる思いです。
私にとってロータリーとは、職業奉仕の基本理念を自分なりに学びロータリアンとして職業奉仕を実践し、例会での親和と友情を深め、明るく前向きに過ごし地域社会に貢献していく事が大切であると自分自身納得できたような気がします。
 まだまだ学ぶことは奥深くあり、上記内容を念頭に今後の目標としていきたいと思います。
 職業奉仕の意義の中に書かれている毎回例会に出席し、卓話を聞き、異業種の良質な人達との交流を通じて職業上の知識や人生万端のさまざまな事を教わる。その体験を積むことによって初めてロータリーが身につき、その心をもって奉仕活動を実践していく。まさに「入りて学び、出て奉仕せよ」という内容が心に響き、もっと深く自分なりに追究し学びたい気持ちになりました。
まさに本年度会長としての責務は例会の出席率を85%以上に近づける事を目標とし、明るく楽し い例会の雰囲気づくりに過進し、皆さんとの親和と友情を深めることを一番に掲げたいと思います。
 国際ロータリー会長ジョン・ジャーム氏は、「人類に奉仕するロータリー」をテーマにされました。個人の努力は個々のニーズに向ける事ができます。しかし、大勢の努力の結集は人類の奉仕に捧げなければなりません。結集された努力に限界というものはありません。人類に奉仕するロータリーは伝統を継承する責務があるのです。
 今後も水草回収の奉仕作業に当クラブとして大勢の参加を求め、地域に貢献できるよう努力していきたいと思います。
 ロータリー入会7年目で会長という大役を仰せつかり、会員の皆様にとってまだまだ至らない点も多々あるとは存じますがこの一年間どうぞよろしくお願い致します。

猪苗代ロータリー 活動目標
人類に奉仕するロータリー (2016ー17年度のRIテーマ)

  1. 猪苗代ロータリークラブ会員増強プロジェクト
    会員増強…地区目標:純増80人
    当クラブも昨年度に引き続き今年度会員純増2名を目標に頑張りましょう!そして、例会の会員出席率を地区目標の85%以上に近づけられる様努力します。そのためにも例会を充実させ、会員の方々への例会出席の声掛けを積極的にしていきましょう!
  2. 猪苗代湖の水環境改善プロジェクト
    NPO法人「輝く猪苗代湖をつくる県民会議」と協力し、昨年同様猪苗代湖の水環境改善活動を推進していきます。
    水草回収の作業がロータリークラブの方々、他団体の方々にも認知度が上がってきていますので、 より一層の連携をはかり奉仕活動を続けていきましょう!
  3. 障害者にやさしい町づくりプロジェクト
    ロータリー財団に地区補助金申請をしており、猪苗代町内に盲導犬と生活している方が在住されているので、各中学校3校に盲導犬と指導者を招いて安全啓蒙と普及活動に取り組んでいきます。生徒達が身近に感じる事ができ、その周りの出来事にやさしい気持ちで見守る事ができるようやさしい町づくりに役立てたい。
  4. 青少年交換プロジェクト
    猪苗代高校へインターアクト設立の働きかけを積極的にしていきます。