猪苗代湖水草回収作業「今期のお礼&実績報告」

キレイになった天神浜♪(11/2)

キレイになった天神浜♪(11/2)


作業前は大量の水草が!!(11/2)

作業前は大量の水草が!!(11/2)


今年度も猪苗代湖水草回収作業に対し、地区内多数のクラブから大勢の会員やご家族等
のご参加をいただき、誠にありがとうございました。
また、今年度は他地区のクラブからも参加がありました! ありがとうございました♪

2013-14年度 猪水協の伊藤 浩会長に代わり、中村岳嗣事務局長よりお礼とご報告です。
各クラブへは、下記の実績報告と合わせて一両日中に発送する予定ですので、クラブ内
でぜひご回覧くださいね。


  国際ロータリー第2530地区 猪苗代湖水環境協議会【第4期 概況報告と御礼】

平成17年まで猪苗代湖は水質日本一と言われて来ました。当時のCOD値は0.5mg/リットル
でした。平成22年の調査では1.1mg/リットルに上昇しています。
COD値を下げるには植物体の除去が効果的であると考えられます。
猪水協では「清らかな湖、美しい猪苗代湖の水環境研究協議会」(会長 日本大学名誉
教授中村玄正氏)と共に、特に富栄養化が顕著な湖北部の松橋浜・天神浜の砂浜に打ち
上げられた枯れた水草を回収する作業を行っています。

今年度は4年目となりました。
9月14日から11月10日まで、これまで同様に土曜日は天神浜、日曜日は松橋浜で雨天
時を除き計16回の漂着水草回収作業を行いました。
同研究協議会からのお礼状と資料を、下記にリンク掲載いたしますのでご覧ください。

参加者は個人、学生、自治体のボランティア参加、地元の集落資源保全会の方、企業
単位の大人数での参加、県外の方の参加もありました。会員約534名と共に1,666名
を数えます。回収量も去年を上回る186.1立米です。
3年間の累計では70回(会員参加は68回)の作業、累計5,921名の参加、回収量約562.2
立米になります。
ロータリー会員以外の多くの参加を得ることができ、県民の猪苗代湖浄化への関心の
高まりを実感します。

遠路お越しいただき、ご協力いただいた皆様ひとりひとりに心より感謝申し上げます。
また、皆様から陰に陽にご支援をいただいている事に深く感謝いたしますとともに、
不行き届き等は心からお詫び申し上げます。

これらの作業に先だって、9月1日には長浜で「第五回ふくしま県内大学猪苗代湖水泳
大会」を開催しました。猪苗代湖で楽しく水泳をすることで水質の清澄なことを内外
にアピールすることができました。

平成24年度の県の調査によると、猪苗代湖湖心のpH6.8は一昨年同様ですが、平成22
~23年度に1.1mg/リットルだったCOD値は1.0mg/リットルと0.1mg/リットル低減しました。
大腸菌群数も平成22~23年度の7,900MPN/100mlから4,900MPN/100mlに減ってい
ます。作業の効果を確実に実証するには今後数年を要すると思いますが、悪化を抑制
する効果が出て来ているのではないかと考えております。

次年度も、当初のCOD値0.6mg/ml減を目指し、猪苗代湖にかつての水質日本一の座
を取り戻し県土復興の一助となるため、猪苗代町の本協議会への今後のご協力ととも
に、浄化運動の一層の拡大を希望します。

          2013~14年度国際ロータリー2530地区猪苗代湖水環境協議会
                         事務局長中村岳嗣(猪苗代RC)


来年度はいよいよ5年目の活動となります。今後の継続についても検討中ですが
引き続き、ロータリアン皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします(^o^)/

福島県環境センターさんからの実績報告♪