本日の例会 H24.5.12(土)

会場入口

会津若松西RC創立5周年記念式典


式典会場

会津若松西RC創立5周年記念式典


本日は移動例会です。
スポンサークラブである会津若松西RCの「創立50周年記念式典」に出席してきました。
5年後には当クラブも50周年を迎えるため、参考にあれこれ写真を撮ります。
まずは看板から。ここには載せていませんが、受付の様子も意外と必要なんですよね。
そして、式典会場です。サイドの壁には大きなスクリーンが掛けられ、これまでの活動
の様子がスライドショーになって映し出されていました。
琴の演奏

奏者 船木伊十矢さん♪


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初めに祝賀演奏が行われました。お琴の奏者、船木伊十矢さんは会津若松西RC船木
会員のお嬢さんです。素晴らしい琴の音色が会場をつつみました。
 
ご挨拶

向かって左から森、柳橋、笹内 各氏


 
 
 
 
 
国家斉唱とロータリーソングに続き物故会員に黙祷を捧げたあと、いよいよ開会です。
開式の言葉は森惣兵衛 実行副委員長、続いて柳橋幸生会長と笹内紘司実行委員長
からご挨拶がありました。
友好クラブ盟約更新

鶴岡西RC・会津若松西RC・鹿児島中央RC


来賓祝辞

根本ガバナー、会津若松RC 加藤会長♪


本日の式典には、会津若松西RCの友好クラブである山形県の鶴岡西RCと鹿児島中央
RCが出席されていました。壇上で、各クラブの会長が友好盟約更新の調印です。
猪苗代RCにも友好クラブができると、お互いに行き来できて楽しそうですね。
このあと、多数の来賓の方々が祝辞を述べて式典が終了しました。
 
特別対談

特別対談♪


 
 
 
 
 
 
続いて、会津若松西RCの田中文雄コーディネーターによる特別対談が行われ、鶴岡西
RCの木村有為氏、鹿児島中央RCの海江田順三郎氏、会津若松西RCの安井登氏から
友好クラブとなるまでの敬意やエピソードなどを笑いを交えながら楽しく披露して下さいま
した。
山形県と福島県はかつて一つの地区だったため、すんなり友好クラブを結んだのに対し
鹿児島県といえば「薩長と会津」という歴史的には大変な間柄ですから、友好クラブと
なるまでに尽力された方々のご苦労を、とても興味深く聞くことができました。
 
祝賀会

楽しい祝賀会♪


 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後は、会場を移して祝賀会です。
元ロータリー財産奨学生の星敬子さんによるオープニングのピアノ演奏に始まり、東山
芸者衆の踊りやジャズの生演奏もあり、会場は終始和やかな雰囲気に包まれて。
途中ハプニングもあり、楽しい祝賀会でした。供されたお料理も美味しく、当然、会津の
地酒もご馳走になりましたよ♪
あっという間に時間が過ぎ、最後は「手に手つないで♪」の合唱でお開きとなりました。
記念品

記念品は“風呂敷”♪


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いただいた記念品は今回の式典にふさわしい紫の風呂敷でした。
会津若松西RCの皆さん、楽しい時間をありがとうございました!!