本日の例会 H25.4.18(木)

土屋会長ご挨拶♪

土屋会長ご挨拶♪


だいぶ時間が経ってしまいました。。。
まずは土屋みよ子会長のご挨拶から。
今日は、あのグレースケリーがモナコ王妃になった日だそうです。
また1968年の今日、霞ヶ関ビルがオープン!当時は日本一背高ノッ
ポのビルということで随分と騒がれたのを私も覚えています(^o^)v
毎月18日は「頭髪(十八)の日」ということで、皆さん毎月散髪を♪
 
そして、今日の花は?…「レンゲ草」だそうです。
会長が言われるとおり、確かに猪苗代や周辺でレンゲ(赤詰草)は見
かけませんねぇ。クローバー(白詰草)はたくさんありますが…
例会の様子♪

例会の様子♪


本日のランチは中華♪
本日のランチは中華♪

本日のランチは中華♪


おなかイッパイになったところで会長の時間。
今日は「雨」について。
春の雨にはいろいろな表現がありますが、その中から花に関連する
ものを少々。
◆育花(いくか)…養花(ようか)とも言い、花の育成を促す雨のことで
4/8の花祭りに龍王が甘露の雨を降らせたということからきているよ
うです。
◆華雨(かう)…桜雨(さくらあめ)とも言い、花の咲く時期に降る雨の
ことだそうです。
◇それから、桜の花びらについて薀蓄をひとつ。
木の樹齢というのは、専門家なら木を見ただけでその樹齢がわかる
そうです。ところが桜の花びらはというと、何千年も経っている桜も
去年植えて今年やっと咲いた桜もまったく同じ状態だそうです。
不思議ですねぇ(;O;)
 
続いて、本日のプログラム。
今日の会員卓話は中村岳嗣会員です。猪水協の活動についてお話を。
あぶくま清流協議会の発展的解消の後を引き継ぐ形で始まった、猪苗
代湖の水質向上を目的とした漂着水草回収活動ですが、今年度で3年
が経ちました。水質の向上は顕著とはいきませんが、千切れて打寄せ
られた大量の水草の腐敗による湖水の汚れについていえば、回収した
分の効果はあるハズです。地道に続けていくしかないのかなと。。。
 
回収方法については、参加してくださったクラブの会員や他の参加者
等から、もっと効率の良い方法は取れないのか?というご意見もいた
だきます。
調べてみると、「ビーチクリーナー」という機械や「水草回収船」という
専用の船を使った回収方法があるようです。
 
栃木県の日光・湯の湖は以前急激に水質が悪化したそうで、富栄養化
は猪苗代湖の比ではなく、湖のなかには大量の水草が生えているそう
です。
栃木県と日光市が力を入れており、この船をレンタルして水草の刈取り
を行っているそうです。
この水草回収船は購入するとなると2-3百万円するようですが、湯の湖
の場合は1週間くらいレンタルして作業を行っているようです。
長野県の諏訪湖でもこの回収船を利用しているとか。
 
問題は、猪苗代湖が国立公園内にありいろいろと厳しい制約のなかで
行わなければならないといった点です。
どうアプローチしていけば良いのか思案が必要です。
猪水協としての活動はあと2年間ですが、その後も継続した活動が大事
だと思います。事務局クラブというだけでなく、会員皆さんのご協力を
引き続きよろしくお願いします!!
と締めくくり、本日の卓話はおしまい。
本日のプログラム 中村会員♪

本日のプログラム 中村会員♪


第2530地区の皆さまも、どうぞよろしくお願いいたします(^o^)/