本日の例会 H25.10.10(木)

江花会長ご挨拶♪

江花会長ご挨拶♪


猪苗代は稲刈りの真っ只中!
あちこちの田んぼにはコンバインとそこから脱穀されて出てくる籾を
受ける軽トラックやコンテナトラックたち。
いよいよ新米の時期ですよ(^o^)v そして今月下旬には新そばも♪
美味しい秋、真っ盛りです。

さて、本日の会場は久しぶりにB1の「磐梯」でした。
出席者は少なめでしたが、いつもと違う気分でまずは江花祥雄会長の
ご挨拶から。先日の職業奉仕セミナーの報告がありました。
とても素晴らしいお話だったそうです。
以前より私は、たとえ例会を欠席しても各々の仕事で職業奉仕を!と
話してきましたが、講演のなかで「例会に出席することこそ職業奉仕
である。いろいろな職業のメンバーとの情報交換を大事に。」という
お話を聞き、なるほど!と思いました。

例会の様子♪

例会の様子♪


今日の美味しいランチは中華メニューです♪
しばらくの間、会話を楽しみながらランチタイム。

本日も2名のスピーチがあるので、少し早めに食事を切り上げて会長
の時間。皆さんはランチをいただきながら、ということで。

今日は苗字に関するお話です。
日本にはそれは多くの数の苗字があり、一番多いのは「佐藤」さん
そして「鈴木」「高橋」「田中」「渡辺」「伊藤」さんと続きます。
江花会長が、猪苗代RCの会員の全国での苗字ランキングを調べてきて
発表して下さいました。
クラブ内では「江花」姓が一番少なく、皆さん思わず「ほぉっ」

事務局の私の苗字も調べてくれました♪
面白そうなので、戻ってから自分の旧姓を調べてみました。
少ないだろうと思ってはいましたが、ナンと12128番目!
全国に135世帯しかないようです(^o^)v でも苗字はナイショ♪

ちょっと盛り上がったところでお話が終わり、委員会報告。
社会奉仕委員会より、中村岳嗣会員が猪水協の活動参加へのお願い。
11/10(日)までの毎週土日は4年目の猪苗代湖水草回収作業を行って
います。ぜひ会員みなさんの参加をお願いします!!
朝の準備だけでも、後半の水草運搬や片付けだけでも構いません。
出られる日はぜひご協力を(^o^)/

社会奉仕委員会 中村会員♪

社会奉仕委員会 中村会員♪


続いて、本日のプログラム。
今日は職業奉仕について、お二人の会員よりスピーチ。
最初は佐藤 正会員から。
お寺のお坊さんのお話をいろいろと聞かせて下さいました。
葬式でお坊さんの後に続くように言われ、皆で般若心経を唱えました。
般若とは「智慧」のことです。
これを唱え続けることで「即心成仏」すなわち生身で成仏できるとか。
職業奉仕について 佐藤(正)会員♪

職業奉仕について 佐藤(正)会員♪


二人目は渡部英一会員です。
はじめに、地区社会奉仕委員会で実施中の「会津の里にこらんしょ!」
が好評につき、11月末まで期間延長となりました。
職業奉仕についてということなので、以前も話したかもしれませんが
自分の会社のことを少し話します。
「みなとや」というホテルで創業は明治10年、私は4代目になります。
野口英世博士の生まれたのが明治9年のためご縁もあり、かつて博士が
帰国した折は当宿で歓迎会を催したそうです。

創業当時の猪苗代周辺にはもちろん鉄道もなく、湖上交通が中心で
郡山との行き来も船、猪苗代湖のいろいろな浜に港があり、目の前の
長浜は「翁島港」と呼ばれて、さまざまな荷物が積まれたり降ろされ
たりしており、そんなわけで「みなとや」という名をつけたようです。
当時はそういう人たちの船宿として営業していました。

その後、磐越西線の開通とともに水運は途絶えましたが、しばらくは
積荷を降ろした船に観光客を乗せて遊覧する、ということも行われて
いたようです。

自分の家の周辺で行われていた産業などから、このあたりの変わった
地名に興味がわき調べたところ、会津若松への途中にある「稲荷原」
という地名(「とうかはら」と読みます)は、文字通り「稲」が関係
していて、会津の年貢米を置いた場所だったということを知りました。

また、うちの近くにある「金子沢」という場所(天鏡閣のあたりです)
では、かつて鉱物の採掘が行われていたとか。
地名にはそれぞれに由来があるものだということですね。

職業奉仕に戻りますが、震災以降ホテル併設の「中国レストラン西湖」
では、来客を待つだけでなくランチや宴会料理のデリバリーを始めまし
た。また、団体客も関東や南方面からが望めなくなったことで、それな
らばと北の方面に営業をかけ、現在は東北など北からのお客さんが増え
ています。
時には発想を変えてみる、ということの大切さを実感しています。

職業奉仕について 渡部(英)会員♪

職業奉仕について 渡部(英)会員♪


今日は素敵なお話をいろいろ聞けたところで、閉会。