会社設立時の出資について!払い込み方法を解説します



会社を立ち上げるとき、資本金となる金銭等の出資を行う必要があります。

株式会社であれば少なくとも発起人が1株以上を必ず引き受けて出資をしないといけません。

では具体的にどうやって出資をするのでしょうか。ここではその払い込み方法について解説します。

 

手順1発起人が名義の口座を準備

会社を設立するための手続ですので、出資金を払い込む時点で法人は成立しておらず、法人名義の口座を作ることができません。

そこで個人名義の口座を使う必要があります。

 

通常、会社設立を企画した発起人が名義となった口座を準備します。

 

なお、口座の種類などに細かな指定はなく、新規の口座でもすでに使われている既存口座を使っても問題ありません。

 

手順2資本金を振り込む

払い込み用の口座に出資金を振り込みます。

 

ここでポイントとなるのがお金を入れる方法です。

預入」とする方法もありますが、この場合は誰がいくら振り込んだのかがわかりにくいです。複数人の発起人がいるなら、なおさら「振込」によって送金しましょう。

 

手順3払込証明書を作る

出資金の払い込みをしたという事実を設立登記の際に証明しないといけません。そこで払込証明書を作成します。

銀行が作ってくれるわけではありませんので、発起人自ら「通帳の表紙」「銀行印や氏名口座番号等が記載された紙面」「払い込みが記録された紙面」をコピーして綴じていきます。

 

これらは事実を証明する添付書類として活用します。そこで次の情報を整理した書類も作成しておきましょう。

  • 払い込み総額
  • 株式数と1株あたりの金額
  • 払い込み日
  • 本店所在地
  • 商号
  • 代表者の氏名および押印

この書類と添付書類をひとつにまとめると、払込証明書が完成します。

 

出資金の払い込みで注意すること

出資金を払い込んで払込証明書を作成するとき、使う印鑑は代表者印にしましょう。

代表者個人の印鑑ではないことに注意しなくてはなりません。

※ここでいう代表者印とは会社の実印にあたるもの。

 

また、払い込みをするときは「振込限度額」にも留意しましょう。

出資金が多額である場合、一括での振り込みができない可能性があるため、あらかじめチェックしておいて何回にも分けて振り込まないといけないといった事態に陥らないようにしましょう。

 

なお、会社設立に取り組むにあたっては、いきなり出資金を払い込むのではなく、まずは定款を作成することから着手しましょう。発起人全員で定款の内容を検討し、株式会社であればその後公証役場で定款の認証を受けなくてはなりません。